What’s 結氣膳

結氣膳は~ストレス社会に生きる現代人のための~心と体と食空間の氣を結ぶ~食の氣功~

結氣膳に辿りつくまでの私のSTORY

医者の家系に生まれ、現代医療中心の環境の中で育ってきた私 は、17歳という若さで急逝した弟の死によつて大きな衝撃を受 けました。生命を守るためにはどうすればいいのだろうか !? 又、生命を守るということはどういうことなのだろうか !? 私 は、その答えを必ず見つけなければならないという使命にも似た思いを強くもつことになりました。
その一つの道筋として、もともと「食 」に深い関心を持っていた私は、健康管理面からの現代人の食生活のあり方というテーマに着目しました。それからというものは、洋の東西を問わず、そして、ありとあらゆる角度・視点から「食」を模索し探究し続 けてきました。しかし、それは同じ円周上を堂々巡りしているような徒労感しか私に与えてくれませんでした。
その結 果、行き着いた答えが、『どの道もただしい・・・しかし、部分でしかない。全てを網羅するものはないだろか…!?でした。

正解を超える答が欲 しい !!と望みました。その時、天啓のように私に降りてきたのが、「食 」は力ロリーや美味しさだけではなく、人との心の交流や癒しを与えてくれる潤滑油であるという懐かしい記憶でした。それは、かつて、外交官の妻として、カナダに数年在住していた時に、異文化の中で果たさなければならない責任感の重圧や異郷である不安感や望郷ゆえの淋しさなどで、独り落ち込みがちだつた私を救ってくれたものでした。

「食 」を通じてのさまざまな人たちとの出逢いや語らいや笑い顔や優しさが『「食 」は心の潤滑油なのだ』と私に実感させてくれたのでした。そのカルチャーショックにも似た体験により、私は以前の元気な私を取り戻したので した。その天啓を得た時点で私の求めていた答え結氣膳と結実したのでした。 食と心と体を氣で結ぶという観念がその問いを解くカギだったのです。

シェアする
フォローも宜しくお願いいたします。