結氣膳にたどりついた理由

 医者の家系に生まれ、現代医療中心の環境の中で育ってきた私は、17歳という若さで急逝した弟の死によって大きな衝撃を受けました。生命を守るためにはどうすればいいのだろうか!?

又、生命を守るということはどういうことなのだろうか !? 私は、その答えを必ず見つけなければならない という使命にも似た思いを強くもつことになりました。その一つの道筋として、もともと「食」に深い関心を持っていた私は、健康管理面からの現代人の食生活のあり方というテーマに着目しました。それからというものは、洋の東西を問わず、そして、ありとあらゆる角度・視点から「食」を模索し探究し続けてきました。 しかし、それは同じ円周上を堂々巡りしているような徒労感しか私に与えてくれませんでした。その結果、行き着いた答えが、『どの道もただしい・・・しかし、部分でしかない。全てを網羅する ものはないだろか・・・?』でした。 正解を超える答が欲しい!!と望みました。 その時、天啓のように私に降りてきたのが、「食」はカロリーや美味しさだけなく、人との心の交流や癒しを与えてくれる潤滑油であるという懐かしい記憶でした。それは、かつて、外交官の妻としてカナダに数年在住していた時に、異文化の中で果たさなければならない責任感の重圧や異郷である不安感や望郷ゆえの淋しさなどで、独り落ち込みがちだった私を救ってくれたものでした。「食」を通じてのさまざまな人たちとの出逢いや語らいや笑い顔や優しさが『「食」は心の潤滑油なのだ』と私に実感させてくれたのでした。そのカルチャーショックにも似た体験により、私は以前の元気な私を取り戻したのでした。その天啓を得た時点で私の求めていた答え『結氣膳』と結実したのでした。『食と心と体を氣で結ぶ』という観念がその問いを解くカギだったのです。

結氣膳家として

「食は心の鏡」と言えます。食べ物はその人自身を表し、人の心も育てます。
日々追われるように過ごしながらも便利さや快適といった自然の摂理をこえた生活空間に慣れ親しむ現代人は、健康に不安を覚えながらもアンチエイジングへの意識も高めていっています。未病という予防領域において自然治癒力による心身の健康管理努力はとても大切ですが、一方で遺伝子組み換え食品やサプリメントなどバイオテクノロジーの力やAIにも頼らざる得ない現実があります。ストレス社会に生きる現代人の食生活は、単に食品の栄養成分やエネルギー計算に依存するだけで心と体の繋がりを無視していては、今の時代真の健康づくりは得られないと確信しています。いつまでも若々しく美しさを保ち続けるための心豊かな食卓づくりの時間を大切に考えていかなければならないと思います。
「食」を味わう「空間」と楽しみ過ごす「時間」・・・「食」という物理的な物・作業「体」という空間の器に入れ、「心」という時間で練り煮つめそのエキスを味わうのです。そこで得られるものが健康であり、豊かさであり、苦さ、生命力となることでしょう。食の氣功ともいえる~心と体と食の氣を結ぶ~『結氣膳(ゆきぜん)が健康づくりの一助となれれば幸いです。

結氣膳家 まるもゆきこ